礼服とレザージャケットのお手入れと保存のしかた

ブラックフォーマルB-GALLERY

礼服とレザージャケットのお手入れと保存のしかた

服を着た後、洋服ダンスにしまいこんでそのままになっていませんか。服を長持ちさせるには、服に合わせてお手入れと保存のしかたを変える必要があります。普段あまり着ることの無い礼服とレザージャケットの保存のしかたを見てみましょう。まず礼服についてですが、例え着用したのが短時間であってもクリーニングに出した方が良いでしょう。汗やわずかな食べかすでも、時間が経てばシミになったり、虫食いの原因にもなります。しかし、クリーニングしてもらったというだけで安心していませんか。お店から持って帰って、ビニールの袋に入れたままで洋服ダンスにしまっている方が多いのではないでしょうか。実はこの保存のしかたはNGです。
クリーニング店で入れてくれるビニールの袋は保存のための袋ではありません。あくまでも運搬作業用のものです。通気性がありませんので、湿気やカビの原因にもなります。お店から戻ってきたら、不繊布など通気性の良いカバーに入れるなどして、収納しましょう。防虫剤や脱臭剤の有効期限切れも忘れずにチェックしておくことが大切です。次にレザージャケットですが、本物のレザーはちゃんと手入れすれば一生ものです。スエードのレザージャケットはホコリをはらってブラッシングします。オイルはシミの原因になるので塗ってはいけません。表革の場合は乾燥すると硬くなってしまうので、年に一度はオイルを塗るようにしましょう。ムートンは、汚れないように着用前に保護スプレーなどをかけておきます。帰宅後はスエード同様にブラッシングしておきます。