女性の礼服ってちゃんと知っていますか

ブラックフォーマルB-GALLERY

女性の礼服ってちゃんと知っていますか

普段あまり気にしない礼服ですが、いざという時に備えてちゃんと知っておくことが大切です。自分の為でもありますが、招待してもらった方に失礼がないようにするのが一番です。ちゃんと、その場の状況に応じて装いを変えることがちゃんとした女性の第一歩です。しっかり覚えておきましょう。まず、女性の礼服には、「正礼装」「準礼装」「略礼装」など簡単に分けることができます。正礼装には、昼と夜によって装いが変わり、昼間はアフタヌーンドレスという肌をあまり出さないロングのワンピースやスーツなどのことで、無地に近いものとなります。また、夜はイブニングドレスという肩や胸元が大きくあいたロングのワンピースなど、はっきりとした色のものが多いです。準礼装には、正礼装と同じようなものを装いますが、ひざ丈のものでもOKです。略礼装は、昼間はスーツで夜はロングのワンピースという感じになり、かなり簡略化されたものとなります。
洋装では、このような装いになるのですが、和装ではもっとわかりやすく分かれています。正礼装では、既婚者は五つ紋の留袖や色無地、未婚者は紋付の色無地や色留袖、振袖になります。準礼装では、既婚者は三つ紋か一つ紋の色留袖、未婚者は、訪問着や振袖になります。略礼装では、既婚者、未婚者共に、付け下げや色無地となります。このように、ちゃんと決まりがある礼服こそTPOをわきまえて装わないと失礼になることを知っていると、今までとは全然違うものになるはずですので、しっかり覚えておきましょう。